子どもを効果的に叱る3原則。目を見て・低い声で・簡潔に

ますみん

「うちの子何度言っても言うこと聞かないんです」「怒鳴るまでやめないんです」というお母さんからのご相談がよくあります。私も子どもたちが小さい時、何度も何度も伝えた挙げ句、最終的に怒鳴ってしまう、ということがありました。

ところがこの方法を試したところ効果てきめん!子どもが悪いのではなくて伝え方の問題だったのだな、と分かりました。

怒る=過去を掘り返すこと。叱る=未来に向け改善すること

子どもを叱る時、どうしたら伝わるのか分からないという話をよく聞きます。

なだめてもすかしても、なかなか言うことを聞いてくれない。家の中ならお母さんもカッとなって怒鳴ってしまったり、外だと大きな声も出せなくて「やめてね〜」と猫なで声になってしまったり。

こういった叱り方を何度繰り返しても子どもには伝わらず、どうしたらいいのか困ってしまった経験、お母さんならしたことがあるでしょう。

興奮状態の子どもには理屈が通用しないと心得る

「やめなさい!」と怒鳴りたくなるような困った行動を子どもが取っている時、共通して言えることが1つあります。

楽しいにせよ、怒っているにせよ、子どもの気持ちが興奮しているということです。だから何を言ってもちゃんと伝わりません。

子どもにとって、人前で怒鳴りたくないがゆえの高い声は“いつもの優しいお母さん”です。逆に怒鳴られると「なんだか分からないけど急にお母さんが怒っている」と驚くだけなのです。

本能に訴えて子どもの注意を引く。“低い声”がポイント

実はこういう時に、子どもに効果的に届く叱り方があります。

それは“目を見て” “いつもより低い声で” “簡潔に” 伝えることです。

小さい子どもには理屈は通用しませんが、その分本能が強い傾向があります。動物は低い声をボスの声=注意を払うべき声として認識します。

お母さんがいつもより少し低い声で落ち着いて話すことで、子どもの注意を引くのです。その際にしっかり目を合わせること。そして簡潔に「やめてね」と伝えることも重要です。

困った行動がおさまってから理由を伝えて説明する

困った行動をやめさせたらそれで良いわけではありません。子どもが落ち着いてから、きちんと理由を言いましょう

その際、ぜひお母さんの気持ちを伝えましょう

「お母さん困っちゃうわ」
「そんなことするとお母さん悲しいわ」

と落ち着いてから伝えることで、子どもの心に届きやすくなります。

この繰り返しが道徳心を育て、5歳頃から自分で判断できるようになります。お母さんの気持ちを繰り返し伝え、子どもの分別を育てましょう。

 

効果的な叱り方3か条
①子どもの目をしっかりと見つめる
②いつもより低くはっきりした声で
③してほしいことを短い言葉で伝える